オリジナルパーカーとオリジナルTシャツ、作るならどっち?

失敗しないデザインの選び方

他の人と違う服を作って着たい!他の人よりも自分はセンスがある!なんて力んでオリジナルTシャツやパーカーを作っても、2、3日経つと急に恥ずかしくなったり、友人から馬鹿にされたりしてしまうと人生の恥ずかしい記憶になりかねません。例えば、学園祭で盛り上がってTシャツを作っても、学園祭が終わった途端に着なくなるケースが挙げられます。いつの間にか家族が、学園祭Tシャツ着ているという経験のある人もいるでしょう。 そのため独創的なのは難しいため慣れてから作ることにして、身近に気に入っているロゴを探して見てください。現代絵画、洋服、カバン、ノート、鉛筆、靴など身近にある様々な物には、デザインに溢れています。そのまま使うのは問題が発生するので、共通点などを探してオリジナルのデザインを考えてみてはどうでしょうか。そんな所から始めてみると面白いと思います。

パーカーとTシャツどっち??

お金の面をみると圧倒的にTシャツがお得です。デザインをプリントするボディの値段が、Tシャツだとパーカーの値段の半分以下で済みます。ただあまりに安く仕上げることだけに囚われると、業者によって違いがありますが、プリントがペラペラで、何度か洗濯したらTシャツがテロテロになってしまう物もあります。クオリティは値段に比例するので注意してください。 パーカーの良さは春、秋、冬の3シーズン着られることです。有名洋服店で購入すると一万円は軽くします。有名洋服店と同じボディでオリジナルデザインなら、有名洋服店の三分の一くらいの価格で済む場合もあります。 何度かTシャツでデザインして、慣れたらパーカーに挑戦してみてはどうでしょうか?

オリジナルトレーナーとは自分だけのデザインで制作したトレーナーのことです。プリント専門のお店などで作成できます。